ご挨拶

当社の財産はお客さまの笑顔です。

そしてお客様の笑顔は人財無くして得ることができません。
人財こそが経営の基盤であると考えています。

私は今までに飲食業界で働く中で、多くの失敗や挫折を繰り返してきました。
しかし、そのような経験をしたからこそ得ることができたものもありました。
それは本当の仲間、本当の人の大切さというものを得ることができたことです。
その経験から生まれたのが「自利多利」という人財育成に対する考え方です。

― 人によくすることが自分のためになる。
  巡り巡って自分のところに返ってくる。
  仮に返ってこなくても、
  人によくすることで得られる喜びが自分の中に起きる。  ―

当社の人財育成方針は
仕事を通じて、自己中心性の自分か(自分勝手)から、
“人のために”ということを学ぶことを通じ、
使命感を持った人材を育成することです。

そのためには、自身のわがままを捨てざるを得ません。
自己のみを押し通し仕事をしていれば、確実にお客様の笑顔を失っていきます。

お客様のニーズと日々向き合い、
そのニーズに答えら得るように自分を変えること、
その実践の継続こそが最後には自分のためになるはずです。
きっとそこにはお客様のたくさんの笑顔と進化を続ける自分がいるはずです。
1人でも多くのスタッフがこのような姿勢を持つための努力を怠らずに成長をし続ける…
このようなスタッフを育成することこそが当社のコアコンピタンスとなります。

永山清孝今後もこの“人財”という強みをより強固にしつつ、
多くの笑顔を生み出す企業体として
たゆまぬ努力を怠らず、成長を続けてまいります。

代表取締役社長 永山清孝